1993年に山形で起こった体操マット死事件、覚えているでしょうか

当時も「いじめ」という言葉があったのかどうかは分からないけれど、この走りですよね

7人の生徒の関与を認めて最高裁が彼らに対して約6千万の支払いを命じたんです

当然のことと言えば当然ですよね

民事裁判で賠償金が確定する、となれば普通は分割もしくは一括で払うものですよね

でもこの7人は払ってくれない、請求期限もあって再び裁判になったんです

払えと言う判決は出た、でも払わないから差し押さえという手段をとる

しかし財産が無ければ差し押さえられない・・・

こういう場合は一体どうなるんでしょうね?

事件が起こってからもう20年以上も経つ、加害者側は生きている私生活もしているはず

結局被害者側だけが損をしている感じですよね

こういう場合の救済措置があってもいいのではないでしょうか

賠償金の未払い問題、なんか最近増えてきてますね

街のあちこちにできる建売住宅、あれを見るたびに元は何だったんだろうと思ってしまいます

大きな家があったはずなのにいつの間にか建売になっているんですよね

おそらく相続税対策で土地を手放したのでしょうが、なんかもったいないことをしてますよね

もちろん相続税を払うのは国民の義務なんですが、節税とか方法はありますよね

手放す前に神戸 相続税対策で調べて対策をしていればそのまま住めていたのかも

もめる前に税理士法人FLAPに相談ですね