体になんらかの不調があるときは、その原因を正しく知る必要があります。
そのためには、少しでも早く医療機関を受診することが大切です。
もし、治療の効果が出ない場合などは、鍼灸院などで鍼治療を受ける方法があります。
また、所定の条件を満たすことで健康保険の給付を受けることが可能です。
つまり、施術費用を全額自己負担しなくても済むのです。
ただし、そのためには初回申請時に医師の同意書を提出するほか、定期的に医師の同意を得ることが不可欠になります。
また、はり師の国家資格を持つ人による施術、という条件も加わります。
ちなみに、健康保険の対象になる傷病は、神経痛、リウマチ、五十肩、頸腕症候群、腰痛症、頸椎捻挫後遺症の6つです。
ただし、医療機関の治療と並行しながらの施術は、健康保険の対象にはなりません。
医師から薬や湿布の処方を受けることもありますが、これらも医療機関での治療に該当するため、くれぐれも注意することが大切です。
なお、病院やクリニックで鍼治療を受ける場合は、病気や怪我で治療を受けるときと同じく健康保険の対象になることも知っておきましょう。